【初心者向け】NFTとは?基礎知識や将来性を分かりやすく解説

NFT 仮想通貨・NFT

こんにちは、ダイスケです。

最近話題の「NFT」
世界を変える技術とも言われているNFTですが、結局どんなものなのか?何がすごいのか?よく分からないという人も多いと思います。

  • NFTって結局なんなの?
  • NFTで何ができるの?
  • NFTの将来性は?

そんな方に向けて、今回はNFTの基礎知識について初心者でも理解しやすいよう簡単に解説していきます。

この記事の結論

  • NFTはデジタルデータの唯一性を証明できる技術
  • NFTでできることはアートだけじゃない
  • 様々な可能性を秘めているNFT

NFTとは結局何なのか?

NFT
NFTとは「Non-Fungible Token」の略で、日本語で表すと『非代替性トークン』です。

はい、これでは全然分かりませんね。笑

“非代替性”とは「替えがきかない」という意味で、”トークン”とは「しるし、証拠、証明」等の意味があります。

つまり、NFTを簡単に言うと「デジタルデータについて唯一無二であることの証明ができる技術」です。

例えば、世界に1点だけのデジタルアート作品があったとします。このアートはデジタルデータなのでいくらでもコピー(偽物)を作成することができるのですが、いくらコピーが作成されたとしても、NFTによって「これが本物だよ!」という証明ができます。

実際の絵画作品などに付いている証明書のようなイメージです。いくら精巧に絵画を印刷したとしても、証明書がなければ偽物だとバレますよね。

これがデジタル上で実現できるようになったというわけです。

NFTでできること

NFT
それでは、NFTによって具体的に何ができるのでしょうか?

結論から言うと以下3つです。

  • 安全な取引ができる
  • 不正に改ざんされる心配がなくなる
  • デジタル作品の価値が高まる

それぞれ解説します。

安全な取引ができる

NFTによってインターネット上でのデジタル作品の取引が安全に行えるようになります。

これまでは、インターネット上のオークション等でデジタル作品が出品されていたとしても、それを本物であるか判別することは困難でした。

しかし、NFTによって「デジタル作品が本物である」ということを証明できるようになりました。


NFTによって”本物”の判別ができることによって、デジタル資産の安全な取引ができるというわけです。

不正に改ざんされる心配がなくなる

NFTによってデジタル作品の唯一性が保証され、著作者や所有者も明確になります。これらの情報はブロックチェーンという技術によって保護される為、不正に改ざんされる心配がなくなります。

デジタル作品にNFTを紐付けることによって、本物と偽物を区別することができるようになるため本物の価値は守られます。

デジタル作品の価値が高まる

人は唯一性や希少性のあるのものに価値を感じます。数の少ない限定品はメルカリ等で高値で取引されていますよね。

NFTによってデジタル作品の唯一性が証明され、デジタル資産としての価値が生まれ、人気のあるデジタル資産は高値で取引されるようになります。

また、絵画のような実物の芸術作品では、これまでの所有者の履歴がその作品の価値を高める場合があります。(「あの有名な〇〇さんが持っていた」というような)

NFTにはこのような「誰が所有してきたか」を記録できる仕組みがあるため、デジタル作品にも”所有者の履歴”という新たな価値が加わったのです。

これにより、デジタル資産の価値はますます高まっていくと考えられます。

NFTの将来性

ブロック
さて、NFTがどのようなものなのか何となく理解できたでしょうか?

現時点では、ザックリ「こんなものなんだ〜」くらいに理解できていれば全然OKです。

なぜなら、いくら学んでも経験してみないことには理解は深まらないからです。

NFTが影響を与えている分野は、美術や音楽、動画、ゲームなど多岐にわたります。

また、NFTはデジタル作品だけでなくイベントのチケットや法的文書など現物にも紐付けることができるため、今後幅広い分野に応用が考えられています。

NFTの活用が広がっていくことで、より便利な社会になることが期待できますね。

現時点ではまだ、取引の手数料が高くなることがあったり、法的な整備が進んでいなかったりと、デメリットと言える部分もあります。

しかし将来性が高いことはほぼ間違いないため、波に乗り遅れないよう今のうちに少しずつでもNFTに触れておくことをオススメします。

僕自身もこれから色々と経験を積んでしていきますので、都度シェアしていきますね。

それではまた!

NFTのオススメ本

NFTの基礎が分かるオススメ本は以下の通りです。
まずは書籍で基礎をザックリ押さえて、あとは体験してみるのが最短の勉強方法だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました